破天荒妻と夫の日常
夫婦間のコミュニケーション・お内緒のへそくりについて記事を書いています
最終更新 2018.9.19(水)

『失われた「みりん」の代償』


本日の格言
  • 怒られる原因は「みりん」の場合もあり
  • 相手の行動を先読みし、必要なものは揃えておくべし
  • みりんが原因で怒っても変な人扱いしではNG

本日もご意見お待ちしております サンプル

ある日会社から帰宅すると、いつになく上機嫌な嫁がそこにはいた。
仕事が定時であがれたのか、ようわからないがこっちにとっては願ってもない事態である!

そんな嫁はご飯の作り中。
クック○ッドを見ているのを察するにあまつくったことのない類のものだろう。

テンションをあげながらどんどん進めていく。

やったぜー!きょうは何も怒られずに就寝までこぎつけれる。
そんな淡すぎる期待を抱いて風呂に入っていた。

丁度上がったころだろうか。
悲鳴にも近い怒号が、めちゃめちゃ狭いわが家に響きわたった。

俺はビクンとした。この平和な時間はなんて一瞬だったのだろうか。時間にして10分くらいだったなーなんつって対策を考える。

いや、ゴキブリとか害虫の類であれば退治することである程度空気をリカバリーすることは可能だ。
いったい何で怒っているのだろうか。。次に嫁が発した発言がこちら

みりんがない

みりん?あぁあの料理酒、醤油ばりにクッキングの時にそこそこの重要性を見せる彼のことか。

なにがやばいかというと、これは嫁の1番機嫌がひどくなるパターンなのだ。

世の中には時たま、こんな方がいる。

決められた手順をこなす途中に、不足していた手順や材料を発見したとき、途端にどうしていいかパニクる。 そしてその衝動を自分の中では消化できず、周りに当たるしかなくなる。

これをわたしは

もらい事故

と呼んでいる。玉突き事故ではない。

単に後ろから強烈にぶつかられただけである。
俺は結婚してから、このような事態に遭遇した場合の対策はまだ持ち合わせていない。

すぐ「みりん」買ってくるわー!

は言ってはダメだ。怒っている人間にはまず話しかけてはいけない。
火に油って誰が考えたのか知らないが、例えうまいなー!!

その日の食卓は会話は一切ありませんでした。

追記
次の日には完全に忘れているわんこ、、いや、嫁なのでした。
(永島アナ風)

-- 最後まで読んでくださってありがとうございます。--